読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見た夢の日記。

自由きまま。日常から非日常まで幅広く渡り歩く。

私は神である。

私は自分を神だと信じてやまない。

 

頭がおかしい、とか

こいつ何言ってんだ、と思う人は

きっと最後まで話を聞かないか

一般世間に毒され、答えさえ

知ることが出来ればいい、とか

教えてもらったことを信じ込む人

なのかもしれない。

 

まぁ、その反応が

間違っているわけではけしてない、

だが、「正しい」と思ってはいけない。

いや「正しい」と思うべきか?

どちらでもいいことだが、周りの人の

言うことをデタラメかどうかを

深く考えず、「みんな同じ意見だから」

「テレビで言っていたから」

「専門家が言っていたから」と

信じてはいけない。

 

確かにわからなければ物事の

プロに聞けとはよく言うし、テレビでも

よく「専門家」を名乗る人に意見は聞くが。

 

正直言えば、たいへんうんざりするが。

「専門家」は金のために意見するのである。

 

だから、とりあえず鵜呑みにはしない方が

よい。何事にも通じる話であるが。

 

それはともかく、なぜ

私が自身を神と信じてやまないかを

話さなければならない。

退屈な話をしてしまったし、

それでもこの夢日記をここまで

読み進めている君のために、

私は少しばかりまたつまらない

話をしなければならない。

 

まこと申し訳ない。

 

私が自身を神だと考える理由は

単純に

「私が世界を観測している」からである。

 

 

…理解出来なかったろう?

それでいい。君は未だ一般世間に

捨てられていないと言うことだ。

胸を張るといい。

 

それはともかく、なぜそのような

理由かというと、私が見ていない

または知りえないことは私が知るまで

「存在しない」ものになる。

 

いや、存在するだろ、とか

思った君、私はそういう

「一般世間」や「常識」について

話をしている訳じゃないということを

わかっていない。君はきっと

私の考えを受け入れはせずに

一般世間に溶け込むつまらない

人間なのだろう。

 

とりあえず、常識や一般世間は

無視だし、これはあくまで

「私の中で」の話だ。

 

なので馬鹿にしたければ馬鹿に

して時間を無駄に過ごすといい。

 

私1人に意見する時間よりも

もっと優先すべきことに時間は

割り当てるべきだと思うが。

 

ことはつまり、私の中で世界が

構築されるものであれば、

私の知りえないもの、

見たことがないものに関しては

「存在しない」と言いきれるのである。

 

その代わり、私が知る、見るの

どちらかでその物事を認識した場合は

「存在する」ことになる。

つまるところ、「私の中で、私は神」

ということである。

 

ここまで読んで、まだ

「いやお前は神じゃないだろ」とか

思う人がいるかもしれない。

なので付け加え最後に言っておくが

あくまで私の中だけの話だ。

 

君達の神になったつもりはないし、

崇拝される気もさらさらない、とだけ

書き残しておく。

 

響く。

おしゃべり、という歌を

奏でることを知った私は

黒猫に色々なことを話しかけた。

 

無論猫なので返事はにゃあ、とかだし

もっといえば返事すらないこともある。

 

だが私にはそれでよかった。

「音」の返事はなくとも、

擦り寄ったり、目を見つめてきたり。

そこはかとないコミュニケーションは

とれているのだから。

 

暖かな日差しが降り注ぐ

庭園でうとうと心地よく微睡みながら、

猫と私は触れ合ったり、言葉を並べて

二つの音を響かせていた。

アイドルって。

「意外だねぇ、アイドルヲタだと

思ってたのに」

 

結構無慈悲なことを言われた気がする。

 

事は単純にどのアイドルが好きか、と

問われただけで、私としては

アイドルそのものに興味はないと

返しただけなのだが。

 

そもそもアイドルとはなんなのか?

いやそんな議論を始めても仕方ない。

 

いわゆる芸能人の一種であるということは

明白なのだから。

 

それにアイドルについて話したいわけでも、

日記に留めておきたいわけでもない。

 

強いていうなら、私がアイドルに

興味がないことについての書留だろうか。

 

結局はアイドルについて

持論を持ち出すことになるが。

 

私がアイドルに興味ないのは

そもそも「アイドル」というのは

擬似恋愛を売っているものである。

 

アイドルの歌の大体は恋愛について

歌っており、更には「君が」とか

そういう代名詞を用いて(もっといえば

聞いている一個人を対象に)まるで

「あなたが好きなの」と思い込ませるように

できている。

 

無論例外もある。固有名詞だったり、

そもそも恋愛についての歌ではなかったり

した場合がそれだ。

 

しかし例外の話は関係ない、とまで

いかないがここではやめておこう、

私の持論でいうならば

どうでもいいことなので。

 

それからAKB48、また姉妹グルーブなども

似たような売り方である。

(というかAKB48って48人超えてるし

いつになったら改名するんだろうか)

 

この手のアイドルは

「数多くの女の子の中から

好みの子を選ぶ」ことができるのが売りだ。

(総選挙とはこれまた酷なことをとも思う)

つまるところ、グループの中の1人と

自分が付き合っているような錯覚(?)も

できるわけである。

 

そのおかげで売れているわけなので。

 

こういったところがある、というか

私は元々甘ったるい声で恋愛について

あれこれ歌われたところで何も響かないので

興味がない。

 

なのでアニソンも然り、なのである。

(声優ソングとかキャラソンとか)

 

あと、たまにアイドルヲタと

アニヲタがお互いを貶し合うこともあるが

私からしたら単純に2次元か3次元かの

違いのみであり結局のところハマり方は

同じなので似たもの同士の同族嫌悪に

思えてしかたない。

 

 

 

 

 

鳴る。

冷たい音が響く。

 

冷たいのに暖かな気持ちになる、

とても不思議な音だ。

 

その無機質な音が少しばかり

にゃあ、という有機的な音にかき消される。

 

音が鳴る、その箱に興味津々といった

黒猫は箱と私を交互に見る。

 

私はやんわり微笑んでやった。

猫は何か感じ取ったようで

擦り寄ってくる。

 

暖かい体温と、ちょっと鼻をくすぐる

獣の臭い。そのどちらもが

この猫が「生きている」ことを

示していた。

 

擦り寄ってくるその小さな

頭蓋骨をそっと撫でてやった。

 

ごろごろと喉を鳴らし、

更にじゃれついてくるようになる。

 

私はふと立ち上がり、

先程から音を鳴らすゼンマイ仕掛けの

箱を見下ろしてみる。

 

美しい木目、暖かな色合い。

しかしながら、響かせているのは

鉄が反発する音ばかりだ。

 

ロマン的で美しく、心に響く

その鉄の歌声は、私の心の

空虚さを埋めているように思う。

 

だから、蹴り飛ばした。

 

ガタガタと音をたて

遠くへ転がる小さな箱は、

どういうわけかやがて見えなくなった。

 

そして再び静寂が当たりを包む。

 

「私は歌えない。鉄でも歌えるのに、

私は、何も歌えない。」

 

この静寂を、あの美しく

暖かな気持ちにさせる音のようには。

 

決して歌えないだろうと、

しばし考え込んでいた。

 

ふと気がつくと、先ほどの

黒猫が目の前にいた。

 

「…よしよし、遊んでほしいか」

 

この時私は気づかなかったが、

実は歌を歌っていた。

 

1人と1匹の会話という歌声を

鳴らしていたのだ。

見た夢の日記。

あの日見た夢を、あなたは思い出せる?

 

あの日っていつ?それはわからない。

 

それに、将来の夢。

眠りに就いた時に見る夢。

 

そのどちらの事を聞いているかも

わからない。

 

もしあなたが、将来の夢のことと

思ったら。

 

きっとあなたにとって、

「夢」というのは

遠い日の思い出、もしくは

目指すところの終着点なのかもしれない。

 

では、寝ている間に見る夢を

思い浮かべたら?

 

もしかしたら、私と似た感性を

持っているのかもしれない。

 

きっと、現実逃避をしたいか、

空想の「夢」こそがあなたの

終着点なのかもしれない。

 

結局は、夢なんて曖昧で

不定形なものだと私は思う。

 

何も知らないから、

何にも縛られないからこそ。

 

「夢」は見ることができるのだと思う。

 

「夢」は紛うことなき

自由の象徴なのだろう。

 

なので私は、書く事にした。

これは私が見た、「夢」の日記

であるのかもしれない。