読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見た夢の日記。

自由きまま。日常から非日常まで幅広く渡り歩く。

見た夢の日記。

あの日見た夢を、あなたは思い出せる?

 

あの日っていつ?それはわからない。

 

それに、将来の夢。

眠りに就いた時に見る夢。

 

そのどちらの事を聞いているかも

わからない。

 

もしあなたが、将来の夢のことと

思ったら。

 

きっとあなたにとって、

「夢」というのは

遠い日の思い出、もしくは

目指すところの終着点なのかもしれない。

 

では、寝ている間に見る夢を

思い浮かべたら?

 

もしかしたら、私と似た感性を

持っているのかもしれない。

 

きっと、現実逃避をしたいか、

空想の「夢」こそがあなたの

終着点なのかもしれない。

 

結局は、夢なんて曖昧で

不定形なものだと私は思う。

 

何も知らないから、

何にも縛られないからこそ。

 

「夢」は見ることができるのだと思う。

 

「夢」は紛うことなき

自由の象徴なのだろう。

 

なので私は、書く事にした。

これは私が見た、「夢」の日記

であるのかもしれない。